解説・知識

カンジダ症と向かい合うには免疫力を高めることが最大の防御になる

性病は性行為によって感染することがありますが、カンジダ症はそれだけではなく、常在菌によって感染する病気です。よって誰にでも感染する可能性があります。性病は性行為の制限によって感染予防をすることができますが、カンジダ症は少し異なる事情があります。

免疫力を高めることが最大の予防になる

消化管や性器の粘膜、また皮膚にも常在しているカンジダ菌によって引き起こされます。本来は免疫力がある人であれば、感染することはありませんが、疲れていることで免疫力が落ちてしまうと感染するリスクが高まります。風邪を引いているときにヘルペスができてしまう人もいますが、カンジダ症もそのような感染になります。

ストレスを溜めない生活を

ストレスは免疫を低下させる要因になりますので、溜めない生活をするようにしましょう。ただ現代社会でストレスがない生活を送ることは難しいです。意識しながら溜めない生活を送るようにしましょう。また適度な運動や、快適な睡眠、そしてバランスが良い食事も免疫力を維持するだけではなく、ストレス解消にも繋がります。規則正しい生活が大切であることがわかるでしょう。

清潔にすることも忘れないように

カンジダ菌が繁殖することも問題になりますので、清潔にすることも大きな対策になります。女性は少し難しいこともありますが、意識して綺麗にしておきましょう。特に再発を繰り返す人は、うまく清潔にできていないことで繁殖しやすくなっています。

発症すれば治療薬で治せる病気

性病の多くが発症すれば治療薬で完治させることができるように、カンジダ症も例外ではありません。それほど怖い病気ではありませんので、もし感染してしまえば病院で治療を受けましょう。

関連記事

  1. 性器にこんな症状が出てしまったときはカンジダ症を疑おう
  2. カンジダ症は新しい性病に罹ってしまう原因になることもある

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP